« 信州路 上高地の旅 | トップページ | 6月初めに咲いてるお花 »

チンチン電車  ~繭の展示品~

   かつて福島市と伊達市内を結んでいた路面電車が新たに復元し、お披露目式が

         行われた。この路面電車は昭和46年に廃止された。

067 083

069_2
      クリックして見て下さいね。

東北本線が通らなかった保原 梁川 ようやく明治41年(1908年)開業しました。

福島~長岡~保原間 次々に路線をのばし、梁川 から福島まで所要時間は2時間かかった

そうです。現在の感覚からするならば随分のんびりしたものです。

075 084


  幼稚園の年長組さんも歌を披露しました(女孫も参加)      イベントもありました。

  昭和30年代から全国的に路面電車を取り巻く環境が変わり、廃止が相次ぎました。

           昭和46年に廃止され、63年の長い歴史に幕を閉じました。

           復元した電車は旧保原町役場後に飾られております。

Tc1_search_naver_jp1

   忙しさに紛れてUPが遅れましたが、すばらしい繭の作品を載せて見ます。

018

020 021


   伊達市梁川支所の1階ロビーにおいて、繭製品で作った数々の作品が展示されていま

   した。伊達市は昔から繭の生産が盛んな街です。

022      趣味の会の方々が一つ一つ丁寧に心をこめて作った作品です。

029 027


     あまりの上出来にびっくりするとともに、何事も継続何でしょうね。

近くの美術館で絵手紙の展示会もしてあり行ってきました。

015


友達のも飾ってありました。

010 014

  先生も今人気のお笑いコンビの絵を描いてありました。

007_3

   絵手紙  繭作品 私に出来ないものを観賞しダメ出しな私にも活力をいただきました。












« 信州路 上高地の旅 | トップページ | 6月初めに咲いてるお花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

kikiさん    おはようございます。
チンチン電車を復元され飾られているのですね。
とても懐かしく拝見しました。
東京でOLの頃は会社のビルの前を路面電車が走っていました。
よく乗りましたょ。
繭手工芸品は色も鮮やかで綺麗でしょうね。
真心込めてお作りになった沢山の作品は皆さん感動なされたことでしょう。
今年の2月に富岡製糸場に行き繭製品を見てきました。
素晴らしいですね。
絵手紙は素敵ですね。

こんにちは、
お元気でいろいろな所にお出かけですね。
頭と体に良いですね。
ちんちん電車、こちらの江ノ電の古い型に良く似ていますよ。お孫さんの元気な歌声が聞こえてくるようです。
繭工芸の花々色とりどりで綺麗です。作られた方は器用な方々ですね。
絵手紙、先生の作品、あまりに良く似ていて思わず吹き出してしまいました。

ki ki さん こんにちは。
チンチン電車 懐かしいですね。私の学生時代は、札幌市も電車が通っていて・・・
北へは北24条迄。車社会になって電車が減って行きましたね。函館は廃止にならず
今は好かったと思います。鉄道も惜しい線が廃止で・・・小樽は手宮線、今あったら
観光に役立っていただろうと思います。
繭細工のお土産、頂いたことあります。飾り物ですが素敵でした。
お元気で、あちこち歩いて見学、いいことですね。お楽しみ下さいね。

kikiさん  こんばんは
綺麗なチンチン電車ですね。
長い年月運行していた電車は、皆さん沢山の
思い出がお有でしょうね。
繭の手工芸品、素晴らしいですね。
光沢が有って品よく素晴らしい作品ばかりです。
拡大して拝見させて頂きました。
絵手紙は、以前描いてみたくて本
画材道具等を揃え描いてみました。
でも絵心が無い私は自己流での絵手紙は
無理なようで断念してしまいました。
素敵な絵手紙の展示ですね。

えつままさんへ
ようや雨がぽつぽつと降り出しました。
長く降ってくれないかしら?と願っています。
路面電車は懐かしいですね。
東京から伊達市に引っ越しした時、こんな小さな町で
電車が走ってるんだと驚きました。
どこもかしこりんご ももと手の届く位置になっていて
とても珍しく思ったものです。
歴史の流れはやいですね。
繭製品は根気がなければ出来ませんね。皆さん何年もかかって
作品を制作したみたいです。
不器用な私は羨ましくもあり、一緒に行った友達もすごいねーと言ってました。

がちゃばばさんへ
お昼前後 雨が降ったと思ったらすぐやんでしまいました。
今になって水巻きをしました。
路面電車は私が東京から引っ越しして2年目に廃止になりましたが、
こんな小さな町に電車が走ってるなんて驚きでした。
繭製品は皆さん楽しんで制作してるみたいで、継続が大事だとわかりました。
絵手紙は私の友達も出していたので、友達と見に行ってきました。
私は市民学級で5回ほどしたんですが、絵の才能なしがわかったので
やめました。

hiroさんへ
路面電車いろんな面で懐かしいですね。
私も仙台の学校に通ってる頃、路面電車が走っていて仙台駅から
15分乗りました。今は地下鉄 市内バスの様です。
わが街の電車はこんな小さな町に電車が走ってるのに驚いたものです。
電車の窓からは手をのばせば、もも りんごなどすぐなんですよ。
繭の展示会は豪華で良くこんなきれいに制作したなーと関心の始動しでした。
不器用な私にはびっくりばかりでした。

すみれさんへ
いろんな展示会がありますが、繭で作った作品を見るのは初めてでした。
市役所のロビーいっぱいに飾られてくる人々も珍しそうに見てました。
ひとつひとつ丁寧に仕上げて行くこと事態、大変ですね。
絵手紙はお友達が出していたので行って見ました。
私も何年か前してんですが、絵にはおんちなのかもしれませんね。
ときにはいろんな友達から絵手紙をいただき、楽しんでいます。
チンチン電車は伊達市にとって歴史のあることなんですね。
旧役場後に飾られているので、市民の皆さんは時折 足を運んで
昔を懐かしんでいるようです。

ちんちん電車は懐かしいですね、東京でも走っていた時代がありますね。
繭作品素晴らしいですね。豪華な感じがしますね。

絵手紙私も描いたことがありません。
友人で毎年年賀状をくださる方が居ますが年々上手になってくるのを見て自分の事のように嬉しいいですね。

路面電車は会津にはない電車なので一度も乗った事がありませんでした。
ずいぶん昔に福島市に行った時に、道路に線路があって
そこを電車が走るのを見てビックリしたものでしたよ。
今は車社会になったからでしょうか。
廃止されたのは惜しいような気がします。

繭作品、どれもこれも見事な作品ぞろいですね。
近くにあったら見に行きたいくらいです。

みのこさんへ
こんばんは 今日も雨が降るのかなーと思いや全然降らずです。
路面電車は都内でも随分多く走っていましたね。
昭和42年ごろ小日向にいたころは上野から良く乗ったものでした。
懐かしいです。
繭は昔から伊達市は名産地でした。今では数少なくなりましたが
作品にするくらいは作っているんでしょうね。
明日は文化センタ―に音楽を聞きに行ってきます。

kikiさん、こんばんは。
ちんちん電車が復元?
短期間ではなく、これからも走るってことなんですね。
ちんちん電車が復活なんて、とても嬉しいニュースです。

私の高校時代、大通りには路面電車が走っていました。
四谷から品川駅までのコースで、街を通り抜け、お堀を渡り、
桜の紀尾井坂を上がり、四谷に至るコースです。
時々、移り変わる景色を見ながら、1人でボーッと乗るのが好きでした。
チンチン電車、懐かしいわ~♪大好き!!

繭の手工芸は初めて見ました。素敵!
伊達市は繭の生産地でもあるのですね。

kikiさん おはようございます

路面電車、懐かしいですね~
高校時代のこと下関駅より路面電車通学でした

繭作品見事ですね
手に取りゆっくり眺めて見たいものです

絵手紙仄々気分
いいものです
絵手紙大好き・・・・描くのも好き
頂ければ心和みますね

mahoブログにお越し頂き コメントありがとうございます

今日は雨模様で気温上がらず肌寒いです。
チンチン電車懐かしいですね。
kikiさんの街まで走っていたなんて知らなかったです。
仙台の市電も私のOL時代は走っていましたが、いつ
ごろ廃止になったのか?今は地下鉄で、もうすぐ東西
線も開通します。
5月30日仙石線が全線再開通しました。震災から4年
2か月ぶりの全線開通で、沿線の人たちは大喜びで歓
迎、各駅ごと大漁旗を振り賑わっていました。
私も主人と記念すべき電車に乗り、日和山公園より被
災地を見てきました。海側はすべて流された光景だけ
でした。復興は何時になるのでしょうね?
 繭の花きれいですね。色とりどりで素晴らしいですね。
伊達の方も角田も養蚕が盛んでしたものね。
 絵手紙素敵です。私は下手でいい、下手がいいという
小池先生の言葉にひかれ、たまに書いています。
 kさんからTEL もらいました。
パークゴルフ(友達3夫婦で)で留守でした。
kikiさん又お世話になりますよろしくね。

銀河さんへ
お忙しそうですね。でもいろんなところにお出かけになって楽しそう!
健康だから前向きの行動出来るんだと思います。
路面電車はこれからは開通するわけでなく、野ざらしになっていたのを
ロータリーの方がたが、お金を出し合って復元したんです。それを町を通る人が
目に見えるところに飾ってあります。
この小さな町に電車が走っていたなんて、東京から来た時はびっくりでした。
車窓からは手が届く処にりんご ももの木がありました。
あの当時はまだ都会人だっのかしら?(笑・・)
今は慣れてしまいました。
また伊達市は繭の生産地・・・隣の梁川町の婦人の方たちが趣味として
作品を作っています。何事も継続なんですね。

pochikoさんへ
コメント書いたはずなんですが、送信しなかったみたいです。
ようやく雨が降ってくれましたね。
早速 地植えしました。中まで水が浸み込んでいるみたいです。
路面電車は都会には珍しくなかったんですが、この田舎町で
走ってるなんて東京から引っ越しした私にはびっくりでした。
もう昔の話になりますね。
伊達市はニットの町 養蚕の町等と言われましたが、今は何が
地場産業なのかわかりませんね。
繭の作品を見て皆さんの器用さにびっくりし、自分の不器用さにも反省です。

mahoさんへ
こんばんは
埼玉の娘さんのお家からお帰りになっていたんですね。
お孫さんが4人もいらして楽しく賑やかにお過ごしだったんでしょうね。
高校は下関・やはり路面電車が走っていたんですね。
山口は海もあり、山もあり、景観抜群 のところでお過ごしになっていたんですね。
伊達市の路面電車の代わりにはバス 阿武隈急行線などが今は通っています。
またどこのお家でも自家用車なんですね・
繭の作品展 きれいな出来上がりで素晴らしいものばかりでした。
絵手紙も友達がしているので見に行ってきました。
mahoさんの素晴らしい写真にいつも元気を貰っています。

でこぽんさんへ
こんばんは 仙石線全線開通をテレビで見てましたよ。
何回か乗っていますが、こんどはゆっくり石巻まで乗りませんか・
6人揃わなくても良いと思いますよ。
KさんとOさんと電話でお話しましたよ。
今日は文化センターで青島広志の故郷の心を歌うコンサート行ってきました。
素晴らしい歌声に感動もらいました。
その帰り福島競馬場のバラ園を見ようとは行ったんですが、初めてだったので
競馬場のすごさうつくしさにびっくりし、友達4人でイスに座って東京競馬が大きな
テレビに写しだされているの呆然とみていました。
バラ園どこでも見られるわね・と言いながら場内を見ていたんですよ。
その帰りはもちろん コーヒータイム お喋りに夢中でした。
後で電話しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1454368/60215209

この記事へのトラックバック一覧です: チンチン電車  ~繭の展示品~:

« 信州路 上高地の旅 | トップページ | 6月初めに咲いてるお花 »